人と人、人と街、街と街をつなぎ、笑顔あふれるヒューマン都市を作る
成熟した市民社会の実現をめざして活動しています
 
 

2017年度講座
第1回
『日本人はどこから来たのか』
第2回
『どう変わるインターネット社会』
第3回
『みんなの都市鉱山を開発しよう』
第4回
『国登録文化財 in 北条』
第5回
『小田氏と忍性 ~鎌倉期筑波山麓の仏像』
 
    
    誰でも先生!誰でも学生!誰でも学長!
   スマイル・ステーションでは あなたの講座開設をお手伝いします。

 
       
 
2018年も楽楽大学『TSUKUBAを楽しもう2018』を開催します。
 
  第54回講演・体験会『シニアのためのスマホ入門 ~人とつながり。楽楽生活から』
 スマホを買ってはみたものの有効に使うにはどうすればよいだろうと思っている方、また、これから買おうかなと思っている方、きっと役に立ちます。
内容は、特にコミュニケーションの手段として:
  ・スマホの機能や一般的な活用方法の解説。
  ・SNSの解説。
  ・スマホの体験(特にインスタグラム)
  ・これからのスマホの可能性の解説

日時   3月9日(土) 午後1時15分開場
      講演・体験 午後1時40分から15時40分
定員   先着 100名  
参加費  300円 (会場費・資料代)
会場   つくばイノベーションプラザ大会議室
        つくば市吾妻1-10-1 (ノバホール隣)
          *周辺の有料駐車場は有料・自己負担
講師   奈良間 英樹氏
         株式会社SocialVitamin 代表取締役
         特定非営利活動法人セカンドリーグ茨城 事務局長
         筑波学院大学 研究員/非常勤講師
         大学卒業後、民間企業に就職し10年間の勤務で商品
         開発、技術、営業を担当。その後、教育研修会社などを
         経て独立。現在は自身の会社を運営する傍ら、NPO法人
         の事務局長や大学での非常勤講師も務める。市民活動の
         ファシリテーションから企業向け研修まで、幅広い分野に
         わたる経験と講演実績を持つ。

チラシ  
 
 
 
 第53回シンポジューム 『まちが元気!あなたが主役!みんなでまちづくり@シンポジューム』(楽楽大学50回突破記念)
 まちが元気になる。 それは人と人との関係がうまくできていることだと思います。 基調講演で門脇厚司さんから、 まちづくりの基本になる市民の社会刀についてお話を聞き、 宇都宮市、 柏市、 龍ヶ崎市、 つくば市でまちづくりを実践している万々のお話を聞き、 皆さんと一緒にまちづくりについて考えたいと思います。

日時  2019年2月3日(日) 午後1時開場
       基調講演  午後1時10分から午後2時
                門脇厚司氏
                 『これからの社会における市民の役割について』
       シンポジューム 午後2時10分から午後3時30分
                 『近隣3都市とつくば市のまちづくり
                      活動状況の説明』
       各パネラー間の質疑応答
会場   つくばイノベーションプラザ 
         つくば市吾妻1-10-1 (ノバホール隣)
         周辺の駐車場は有料・自己負担
参加費  300円(会場費・資料代)
定員    先着100名
基調講演講師
       門脇厚司氏
         1940年(昭和15年) 中国青島市生まれ、山形県出身。
          1970年 東京教育大学大学院博士課程修了 教育社会
         学専攻。 以後、 淑徳大学講師、日本経済新聞社(企画調
         査部)、東京教育大学助教授、 筑波大学教授(人間学類長、
          教育学系長)等を歴任。
          2004年 4月~2008年3月筑波学院大学学長。
         2010年10月~2016年3月茨城県美浦村教育長。
         2016年12月からつくば市教育長。
         著書: 『子どもの社会力』(岩波新書)、 『社会力を育てる一
         新しい「学び」の構想』(岩波新書)、 『学校の社会カーチカ
         ラのある子どもの育て方』(朝日選書)、『社会力の時代へ』
         (冨山房インタ ーナショナル)ほか

チラシ 
        
 
 第52回講演会 『常陸国筑波 観桜会 一本桜の世界』
 奈良時代から続く茨城県の観桜文化。
古くは常陸国風土記筑波山の花見に始まり、平安時代の歌聖紀貫之、室町時代の世阿弥、江戸時代の徳川光圀公など、日本人の桜観に与えた影響は計り知れません。
1300年を経た平成の世、その歴史は各地で脈々と受け継がれています。
ソメイヨシノ一辺倒のお花見にはない魅力。
それが桜の古木・名木を静かに愛でる一本桜という観桜です。
講師の坂野さんが平成24年から7年間で取材撮影した茨城県内400ヵ所の一本桜の中から、選りすぐりの名桜を、ゆっくりと写真上映しながら楽しい解説付きでご紹介いただきます。

日時   2019年1月20日(日) 13時15分開場
                講演  13時40分から15時40分
参加費  300円(会場費、資料代)
定員    先着100名(当日受付)
会場    つくばイノベーションプラザ大会議室
         つくば市吾妻1-10-1(ノバホール隣)
         *周辺の有料駐車場は有料・自己負担
講師   坂野 秀司氏
         小美玉市生まれ
         (株)USEN水戸支店長
         ウェブサイト「茨城県の桜」運営
         平成26年より『茨城一本桜番付平成春場所』を毎年発表中
         水戸桜川千本桜プロジェクト幹事
         (公財)日本花の会水戸桜川日本花の会幹事
         協力:桜川市地域おこし協力隊(大川奈奈氏)
チラシ  
 
 第51回講演会 『戦国領主小田氏治の系譜』
 小田城を拠点に鎌倉時代から戦国末ま で常陸南部の一大勢力あった名家小田氏。小田氏15代の氏治は幾度も本拠を奪われながら取り戻し、最近‘常陸の不死鳥’とも呼 ばれています。「‘’戦国最弱”小田氏治がゆく」として今年 6月、NHKTV歴史秘話ヒストリアで取り上げられました。
昨年の「忍性」に引き続常磐大学名誉教授糸賀茂男氏に、小田治の系譜ついて熱く語って頂きます。
今回も「小田氏治 と戦国時代の 城館」企画展を開催するつくば市と共に実施します。

日時   2019年1月6日(日) 13時30分開場
               講演  14時から16時
参加費 当日受付 参加無料
会場   つくば市役所会議室201 (定員150名)
       つくば市研究学園1丁目1番地1
         *市役所駐車場が利用できます。
講師   糸賀 茂男氏
        つくば市(旧筑波町)に生まれ、慶応義塾大学卒、
        慶応義塾大学大学院博士課程修了。
        常磐大学教授を経て、同大学名誉教授、博士(史学)、
        現在は、茨城県文化財保護審議会会長、真壁城跡整備検討
        委員会会長、茨城県県民大学講師など社会貢献や大学講師と
        して、幅広く活躍されています。
        専門は日本中世史で、筑波町、真壁町、茎崎町ほか多くの自治
        体史の編纂や、「図説茨城県の歴史(共著)」、「茨城県の歴史(共
        著)」、「常陸中世武士団の史的考察」など著書が多数あります。

チラシ  
 
 第50回講演会 『まぁるい子育て ひとりじゃないよ 
                   ~子育ての扉を開いて繋がろう~』
 つくばから、産後の新しいライフスタイルを提案する「モーハウス」の代表光畑由佳さんが、同社で実施している赤ちゃんと一緒に働く子連れ出勤など新しい働き方、そして周りの人を上手に巻き込み、赤ちゃんと一緒に楽しむ子育てのコツをお伝えします。
お母さんをエンパワメントするコツもお話しして頂きますので、お母さんを支えたい!と考えていらっしゃる祖父母の皆さんも、ぜひ足をお運びください。
講演は、お子さんとご一緒に聴いて頂けます。

日時   12月23日(日) 13時15分開場
           開会 13時40分
会場  つくばイノベーションプラザ大会議室
         つくば市吾妻1-10-1(ノバホール隣)
            (周辺の有料駐車場は有料・自己負担)
講師  光畑由佳 氏
       モーハウス代表取締役。倉敷出身。
       お茶の水女子大学卒。
       1997年、自身の電車内での授乳体験をきっかけに、
       産後の新しいライフスタイルを提案する
       「モーハウス」の活動を開始。 自社で実践する「子連れワーク
       スタイル」は古くて新しいワークスタイルとして国内外から注目
       され、女性のチャレンジ賞など受賞歴多数。
            ・内閣府男女共同参画担当大臣表彰
               (女性のチャレンジ賞)審査員
            ・茨城県ユニセフ協会評議員
            ・茨城大学社会連携センター特命教授
            ・筑波大学大学院非常勤講師

チラシ  
 
  
 第49回講演会 『徳川慶喜と幕末の茨城  明治維新150年によせて』
 今年は明治維新150年にあたります。茨城県域は、明治維新の原動力となった多くの人々を輩出しています。その中心にいて幕末史の主役を演じ続けたのが、水戸徳川家に生まれ15代将軍となった徳川慶喜でした。
本講座では、徳川慶喜とその周辺の人物を中心に、茨城からみた幕末史を振り返ります。
今回は、茨城県歴史館で特別展「徳川慶喜」「志士のかたち」を企画担当した江戸崎総合高校教諭であり茨城地方史研究会理事の由波俊幸氏に、つくば市での出来事や維新のその後も含め、熱く語って頂きます。

日時  11月11日(日) 13時10分開場
           開会  13時40分  
会場  つくばイノベーションプラザ大会議室
         つくば市吾妻1-10-1(ノバホール隣)
            (周辺の有料駐車場は有料・自己負担)
講師 由波 俊幸 氏
       土浦市生まれ
       学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程
       (史学専攻)修了。
       茨城県立高等学校教諭を経て、平成23年度から29年度まで
       茨城県立歴史館主任研究員。
       歴史館では特別展「徳川慶喜」(平成27年)・「志士のかたち」
       (平成29年)などを担当。
       現在、県立江戸崎総合高校教諭。茨城地方史研究会理事。
       専門は水戸藩を中心とした幕末維新史。
       主著に『茨城県の歴史散歩』(山川出版社、共著)など

チラシ  
 
 第48回講演会 『健幸長寿日本一をつくばから 楽しく遊んで明るい老後を!』
 数字ゲームの脳トレ機器「ペグアモーレ」やステップ運動「マットス」を楽しみませんか。これらを開発した体育科学の専門家が指導してくれます。
「介護は受けたくない、認知症はいやだ」という高齢者の方、ぜひご参加ください。
知力・気力・体力を保って健康な老後生活をめざしましょう。
日時  10月28日(日) 13時30分開場
                14時~16時30分  
会場  筑波大学春日エリア(つくば市春日1-2)
          TXつくば駅から徒歩10分
          大学駐車場が利用できます(先着50名)
講演会  講演会:[情報メディアユニオン] 14時~14時45分
体験会  エリア内の[体育館] 15時~16時30分
         *体育館シューズ(うち履き)を、ご持参下さい
         *詳細は、裏面の[会場案内図]をご覧下さい
講師   大蔵倫博氏
       ・昭和47年兵庫県尼崎市生まれ
       ・筑波大学准教授
        高細精医療イノベーション研究コア長
       ・筑波大学博士課程(体育科学)修了後、国立長寿医療センター、
        米国ルイジアナ州立大学を経て現在に至る
           日本体育測定評価学会常任理事
           日本健康支援学会理事
           日本肥満学会と日本体力医学会の評議員
           スポーツ庁健康スポーツ課・参事官付技術審査委員

チラシ  
 

 
 第47回講演会 『地方創生を考える―つくばの魅力』
 
 日本の地方が抱える問題点を考えたうえで、本当の地方創生を成し遂げるためには何をなすべきかを説明します。
また、つくば市のメリットを生かし、地域に好循環をもたらすためには、
どういったアイデアが必要であるのか、西武跡地の問題も含めて、皆さんとのコミュニケーションを通じて論じていきます。
日時  4月21日(土) 13時開場
           開会  13時30分  
会場  つくば市役所会議室201
        つくば市研究学園1丁目1番地1  
               市役所駐車場が利用できます
講師   中尾 隆友 氏
         土浦第一高校卒、慶應義塾大学卒。
         外資系金融機関、官公庁勤務を経て、
         現在はアセットベストパートナーズ株式会社の代表取締役。
         経営アドバイザー、経済アナリストとして、大企業・マスコミへの
         助言・提案を行う。
         総合科学研究機構特任研究員も兼ねる。
チラシ  
 
 

| HOME | 笑顔市 | 楽楽大学 |スマイル・ステーションについて | 募集 |
Copyright(C) 2009 NPO法人スマイル・ステーション All Rights Reserved.

NPO法人スマイル・ステーション 楽楽大学