人と人、人と街、街と街をつなぎ、笑顔あふれるヒューマン都市を作る
成熟した市民社会の実現をめざして活動しています
 
 

2016年度講座
第1回
『筑波が生んだ科学者 飯塚伊賀七』
第2回
『人付き合いのコツ  アドラー心理学に関連して』
第3回
『高齢者にとって 最も頼りになる公的年金』
第4回
『ス東郷さんと歩く 小田城跡と集落』
第5回
『看取りを民俗的に考える』
第6回
『社会力が地域を創る』
 
    
    誰でも先生!誰でも学生!誰でも学長!
   スマイル・ステーションでは あなたの講座開設をお手伝いします。

 
       
 
2017年も楽楽大学『TSUKUBAを楽しもう2017』を開催します。
 
 第4回見学会 『国登録文化財 in 北条』
 ~国登録文化財にもなっている,北条地区の誇る江戸から昭和までの歴史的建造物4件をご堪能ください~
江戸時代に筑波山参拝の門前町として栄えた「北条」。
歴史的な店蔵や土蔵の街並みが今でも残されています。
登録文化財とは:文化財を自由に活用できる制度で,外観を大きく変えなければ改装してレストランや資料館などとして自由に使うことができます。
北条の4件の建物がまちづくりに沢山の方々の集の場所として活躍しています。
日時    11月11日(土) 12:30 北条市営駐車場 集合
                    担当者が お待ちしています。
定員    30名 (事前申し込み・先着順)
参加費   1,000円 
         (矢中の杜邸宅維持修繕協力金 マイスクリーム・資料代)
チラシ  
 
 第3回講演会 『みんなの都市鉱山を開発しよう』
 ~東京オリンピックのもうひとつの役割~
現在、多量に廃棄されているゴミ。いやなものですが、その中には、貴重な金や銀を含むものがあります。これが「都市鉱山」です。これらのゴミをリサイクルする動きが始まっています。
東京オリンピックでは、約2000個の金メダルが勝者に与えられます。そのメダルにリサイクルの金が使われることになり、つくば市もこのリサイクル事業に参加して小型家電の回収をおこなっています。本講演では、金メダル製作プロジェクトを紹介するとともに、リサイクル社会を展望します。
日時  10月29日(日) 13時開場
           開会  13時30分  
会場  つくばイノベーションプラザ大会議室
        つくば市吾妻1-10-1(ノバホール隣)  
                駐車場の用意はありません
講師   原田幸明 (はらだこうめい)氏
         1951年長崎県生まれ、
         東京大学大学院博士課程修了。
         物質・材料研究機構(NIMS)に勤務、
         エコマテリアル研究センター長、
         元素戦略センター長など歴任。
         現在同機構アドバイザー。
         「我が国の都市鉱山蓄積の推計」で小型家電
         リサイクルなど都市鉱山開発の火付け役。
チラシ  
 
 第2回講演会 『どう変わるインターネット社会』
 人間をしのぐ人工知能、知識を超えるビッグデータ、「モノ」を脱皮するIoT・・・私たちは100年に一度の激変・第4次産業革命とも言われる、IT社会の進展に直面している。NHKのクローズアップ現代は、あと15年以内に日本の就労人口の49%が人工知能のマシンに取って代わるだろうと伝えている。
あなたの職場は生き残れるか?
子・孫仕事手に入多年にわたり IT 技術の第一線で R&D R&Dの舵取りに携わ、 の舵取りに携わ、 大学入 試改革提言( 試改革提言( 2009 -)でも一石を投じた )でも一石を投じた 講演者が「社会はどこへ 講演者が「社会はどこへ 講演者が「社会はどこへ 向かっているの」「私たちは 向かっているの」「私たちは どう対処していけばのか 」に ついて、ふんだな画像・図表ビデオを使実ータ例を示しつ、クイズも交えてお話する。
日時  10月8日(土) 13時開場
           開会  13時20分  
会場  つくばイノベーションプラザ大会議室
        つくば市吾妻1-10-1(ノバホール隣)  
                駐車場の用意はありません
講師   梶谷 通稔 (かじたに みちとし)氏
         元・米IBMビジネス・エグゼクティブ。
         ニュービジネスコンサルタント(株)代表。
         日本IBM GBS顧問。
         東北芸術工科大学大学院客員教授、 他。
         著書に「企業進化論」「続・企業進化論」
         (日刊工業新聞)、
         「成功者の地頭力」(日経BP社)、他多数。
チラシ  
 
 第1回講演会 『日本人はどこから来たのか』
 新たな発見:祖先たちは偉大な航海者だった!?
最初の日本列島人は、3万年以上前に、海を越えてやってきたことがわかってきました。
その大航海の謎に迫るために始動したのが、このプロジェクトです。
証拠をもとに舟を復元し、実験航海。
第一段階の実験航海(2016年与那国島→西表島)、
祖先たちの謎に迫るため、プロジェクトはまだ続きます。

 日時  7月17日(月・祝) 13時開場
           開会  13時30分
           講演 13時35分から14時45分
           質問 15時から15時30分   
 会場  つくばイノベーションプラザ大会議室
        つくば市吾妻1-10-1(ノバホール隣)  
                駐車場の用意はありません
 講師   海部陽介氏
         国立科学博物館人類研究部
         1969年東京生まれ。理学博士。
         生物人類学・
         古人類学、主にジャワ原人の研究に従事。
         現在「3万年前の航海」プロジェクトリーダー。
         「日本人はどこから来たのか?」文藝春秋(2016)
         「人類がたどってきた道」NHKブックス(2005)
 チラシ  
 

| HOME | 笑顔市 | 楽楽大学 |スマイル・ステーションについて | 募集 |
Copyright(C) 2009 NPO法人スマイル・ステーション All Rights Reserved.

NPO法人スマイル・ステーション 楽楽大学